アルトリア・グループ(MO)から配当金が入金!配当金の詳細とアルトリア・グループについて解説!

投資

 目次
1.アルトリア・グループ(MO)とはどんな会社?
2.アルトリア・グループの株をなんで買ったのか?
3.アルトリア・グループの株価。
4.アルトリア・グループの配当。
5.アルトリア・グループの今後はどうなる?

今回はアルトリア・グループから配当金が入りましたので配当金の解説とアルトリア・グループの解説をしていきたいと思います。

私なりの意見とアルトリア・グループの魅力について書いて行きますので是非最後まで読んでみて下さい!


高配当株はお金の生る木です!ゆっくりじっくり育てて行きましょう( *´艸`)

1.アルトリア・グループ(MO)とはどんな会社?

アルトリア・グループは世界最大のタバコメーカーとなります。他にワインの製造も行っていますがほぼタバコによる収益が中心となる企業となります。

グループ会社にフィリップモリスを有する会社でフィリップモリスがアメリカ以外の海外事業を行うのに対してアルトリアはアメリカ国内の事業を担当しています。

フィリップモリスについては以前のブログで解説しているのでそちらをチェックして見て下さい。

フィリップモリス(PM)から配当金の入金!配当金の詳細とフィリップモリスについて紹介!

2.アルトリア・グループの株をなんで買ったのか?

私の投資目的が不労所得の最大化を目指したものになりますので高配当株で有名なタバコ株は最初から投資したいと考えていました。

数は多くないタバコ株ですがそんな中なぜアルトリア・グループの株を買ったかというと理由はいくつかあります。
まず第一にアルトリア・グループが世界最大のタバコメーカーであるという点を重視しました。

圧倒的な市場シェアからがあるということはそれだけで多くのメリットがあります。タバコというのは枯れた技術で生産されているので生産設備の初期投資が終われば物凄い利益率がある製品なのです。

すでにシェアをとっている場合、新規参入される心配はほぼありません。加えてタバコには依存性があります。
アルコールなどと同様に依存性のある製品は儲かるのです。事実アルトリアの営業利益率は30%以上もあります。


これが最大の理由ですが増配年数が50年という圧倒的な実績を持っている点です。
過去の経済危機を乗り越えてずっと増配を続けている事実が私には十分です。


細かい業績分析などできませんがこういった事実は少し調べれば分かりますし、このような企業は多くはないので充分投資対象となると私は判断しています。


3.アルトリア・グループの株価。

このブログを書いている時点でのアルトリア・グループの株価は30.95ドルです。

私の購入平均単価は47.4ドルです。
含み損はしっかりあります(笑) 私は14株持っていますので230.3ドルのマイナスです。



アルトリア・グループの現在の株価

4.アルトリア・グループの配当。

アルトリア・グループは高配当で有名なタバコ株です。
そんな配当はブログを書いている時点で3.36ドル(年間)になります!

配当利回りはなんと9.13%にもなります!!
おかしな数字になってます(笑)驚異的な利回りですよ。


5.アルトリア・グループの今後はどうなる?

アルトリア・グループでは今後紙巻タバコから電子タバコに販売を強化しようとしています。
主なブランドが『ジュール』になりますが、こちらのジュールがアメリカの米食品医薬品局(FDA)に規制対象として指定されてしまいました。


その影響でここ数年は株価は伸び悩んでいる状況です。この傾向は今後も大きく変わらないと予想しています。

しかし大きな成長がないことは織り込み済みです。重要なのは今後も配当を出していけるかどうかの1点のみに集中すればよいのです(笑)
投資はシンプルな方が成功しやすいです!


アルトリア・グループはアメリカ国内で圧倒的なシェアを有しています。この優位性は簡単には揺るぎません。
株を買った理由にも書きましたが依存症ビジネスとういのは儲かるんです。そして一度築いたこのビジネスモデルは壊れません。

今後も継続して保有していき配当を受け取り続ける方針で行きたいと思います!
それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました